治療家の資格について

治療家を目指す方へ

こんにちわ。自称ゴッドハンドです。

資格について紹介したいと思います。

治療家を目指したり、興味がある方向けです。

業界にどっぷり肩まで浸かっている方には朝飯前の内容になるはずです。

治療家の資格には国家資格と、それ以外にわかれます。

それ以外については星の数ほどあるため、ざっくり紹介になります。

では国家資格について見ていきましょう。

①柔道整復師

②鍼灸師

③あんまマッサージ師

④理学療法士

柔道整復師

整骨院、接骨院の先生の資格です。

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などをメインに勉強します。

活躍の場は独立開業、整骨院、整形外科、介護施設など。

資格者が多くなりすぎていたり、競争過多となっている業界が活躍できる場が多いため様々な可能性があるでしょう。

鍼灸師

東洋医学ではり・きゅうを使用し治療していく。

はりときゅうは一応別々の資格で合わせて所持していることを鍼灸師と呼ぶ。

病院は西洋医学がメインで鍼灸はあまり評価されていないような状況だったが、最近ではかなり変わってきている。まだまだ病院で鍼灸師が働いているところは少ないがリハビリの一員となり活躍するひとも増えてきている。

またプロスポーツ選手からの評価が高かったり、美容針やお灸は若い女性から指示されている。

ただ鍼灸を苦手としている人は多い。

現在は訪問で治療を行う人が多いが正規の保険診療の観点から今後どうなっていくかは、まだまだわからない部分がある。

ちなみに1000人で1人だけ鍼灸のみで飯が食えると聞くが、もっといると思う。

あんまマッサージ指圧師

元々視覚障がい者の方の資格だったようです。

今ももちろんいらっしゃいますが、現在は健常者の方が多くなってきているようです。

実はマッサージの資格はこれだけです。

健常者の方は学校に入学することも難関です。

理学療法士

わかりやすく言うと病院でリハビリする資格です。

クリニックなんかだと最近は柔道整復師が働いているケースもありますが。

また訪問リハビリというのもあります。

基本的にお医者さんの指示があってリハビリするのですが

最近は整体院として開業する人もいるようです。ちなみに理学療法士には開業権がないです。

知り合いには訪問介護を開業している方もいますが、病院勤務がうまくいかなかったようです。

まとめ

さて簡単に紹介させていただきましたが、どの資格を持っているから優れているとかはないので、その辺はご理解ください。

また今回あまり触れなかったですが、日本ではカイロプラクティックの資格は民間資格なので軽視されがちですが、アメリカではかなり地位が高いという話もあります。

本当かどうかは知りません。

民間資格は星の数ほどあるので触れませんでしたが、面白い技術もあるかもしれません。

国家資格は基本的に3年以上大学か専門学校に通う必要があります。

資格はわかれていても業務内では被ってくる面がたくさんありますので

今後目指したい方にとっては難しい部分もあると思います。

理想的には有資格者にメリット、デメリットを聞いてみるのがいいですね。

できたら仕事がうまくいってる人で。

愚痴ばかり聞いても微妙ですし。

ご参考になれば。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました