柔道整復師が整形外科で働くデメリット

独立を目指す治療家の方へ
ゴッドハンド
ゴッドハンド

メリットが多かったせいで二部作となりました

メリットはもうお腹いっぱいだぜ!

結局同じ壁にあたるかも

どう治したらいいかわからないーー。

よくわからない!ということは病院で働いてもあります。

そういう意味では同じような壁にあたることはあるでしょう。

レントゲンを見ながら

んーー。わからない。やってて!

なんてことも実際ありえます。

医療も完全無欠ではないんだよー

また地域性やビジネスモデルにもよりますが

この人どこも悪くないんじゃないか?とか、治す気ないんじゃないか?

なんて整骨院勤務の方からよく聞いていたような悩みはやはりあります。

治療家として道に迷いそうになるタイミングですよね。

治療家迷子ーーー

整形外科勤務から直で独立は失敗確立が高い

ゴッドハンド
ゴッドハンド

これは完全に経験則です

整形外科は患者さんで溢れています。

担当する患者さんもドンドン増えてすっかり人気の施術者となります。

とにかく調子に乗れます。

なんでもできるような気持ちになります。

きっとバレンタインデーはジャニーズにでも入ったのかと思うくらいいただくことでしょう。

そんな思いのまま開業すると、本当に危険です。

整形外科の集客は完全にドクターの力です。

わかってるつもりでも、絶対わかってません。

技術や経験は非常に大切ですが、リピートの技術は低水準となります。

これはほんとに仕方ないことです。

だって毎日パンパンなんですから、開業しても同じ状況になると思って当然です。

ゴッドハンド
ゴッドハンド

私自身も整形外科勤務のあと、雇われ院長となった時に頭打ちました。

開業前に雇われ院長を経験する機会あればオススメです。

ドクターとの関係を築くのは容易ではない

整形外科で勤務したいという動機で一番多いのは

ドクターとお近づきになりたいという理由です。

特に鍼灸師が、今後同意書を書いてもらえるだろう。という方が多いですね。

訪問鍼灸で開業狙いの方がぞくぞくと寄ってきます

ちょっと悪い言い方ですが、開業後に利用してやろう。って話なら難しいでしょう。

医師会に所属するドクターたちは鍼灸や交通事故の治療では一線ひいているパターンが多いです。

もちろん知り合いでも協力してもらっている人はいますが、あてにしないのが大切です。

そもそも就職が難しい

これは働いていた立場からすると、あまり実感しなかったですが

柔道整復師や鍼灸師で整形外科の求人に通るのは難しいという話を聞きます。

近年では開業願望のある方が少ないそうです。

そういったことも関係しているのでしょうか?

ゴッドハンド
ゴッドハンド

メリットもデメリットも個人の感想です。

といって念のため更地にしてみる。

参考になる人がいればよいのですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました